tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

撮影日記

白川郷雪景色

2018/01/05

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!

今年の撮り初めは白川郷となりました♪

 

北陸らしい天気が年末から続き、年始4日経っても日の出を見れない。。日の入りもない。。

しっかり雪が降れば違った景色を撮影したかったけど、それも出来ないような中途半端なみぞれ雨が続いた年末年始でした。

若干撮影にはストレスのたまる日々でしたが、正月くらい家でゆっくりしておけ!という事なのかもしれません。ただ、正月にPhotohitoのサイトを見ていると、12/30の夕方に立山が見えていた写真も載ってたので、立山が見えていたなら撮りたい景色があったんだけど・・と後悔から始まった・・(^-^; 天気がイマイチだと思っても、現地に行ってないと撮れないので、モヤモヤ考えてないで行動に移す事をしっかりとしたいものです。

さて、今日も富山はそんな中途半端な感じの天気です。雪の積もっている場所に行こう!ということで、白川郷がターゲットとなりました。

1人で撮影時は極力高速使わない派なので、白川郷まで156号線を進んでいきますが、9時前にはちょうど連絡船の通る時間という事もあり、心を揺さぶられながらも庄川峡を通過。10時くらいに白川郷展望台に到着。約2時間くらいです。

AM10:20 到着時は雪が降ってた。フラッシュ使って雪玉をプラス♪

車で展望台に登ってきたけど、歩いて下から登ってくる人も多数。

歩いてきた人は、「まさかの車でこれたみたい・・(*_*;」と言ってちょっと驚いたりしてる。車で上ることしかした事ないので、逆に歩いて登ってくる事にビックリした。あと驚いたのは海外の観光客の多さ。7割くらいは海外の方のような気がします。

景色はというと、しばらく待っても雪が止むくらいで曇り空が続き変化に乏しい。結局、晴れた景色でも撮影したかったけど、諦めて下の駐車場に向けて移動しました。

AM11:00頃。駐車場からの橋。

写真を見てお気づきだろうか??

そう、太陽がでてきました。。。

あと、15分くらい展望台で待ってたらよかった・・・(*_*;

太陽に照らされて、木々の雪も落ち始めます。

やっぱり、雪景色も太陽がでると違ってくるので、ますます後悔。

駐車場代1,000円なので、もう一回展望台に行くのも勿体ない。。

結局、歩いて登ってみる事にしました(^^ゞ

途中の景色も所々いい感じ。

ちょっと高い所からは家屋が詰まって良い感じです。

展望台に歩いて登る事になるとは思ってもみなかったけど、到着してみると太陽が雲隠れ・・・(*_*;

辛うじてちょっと明るめの写真は撮れた。

あとは待っても待っても青空が出ることはなく・・

こんな感じが精いっぱいでした。

下ってくと、また明るくなったりするけど、展望台からの景色は諦め。

街中をブラブラします。

展望台への登り口あたりからの景色。

小さい頃、つらら舐めたよね?自分は舐めたことあるけど、今から考えると汚い事をしていたもんだ(笑)

で、合掌造りにできるつららって茶色いのを初めてしりました。

茅葺の屋根からの水だから当たり前といえば当たり前の景色。こんなつららだったら小さい頃でも舐めなかったと思う・・・

柿の木の家。柿の雪帽子が良い感じ。

田んぼリフレクション。

今回は、ずーっと奥まで歩いてみた。車で移動するより色々見れた気がします。

白川郷の夜景も来てみたいので、次回白川郷に来るとしたら夜景狙いですね。ただ、他の人と違った感じに撮れるんだろうか・・は疑問です(^^ゞ

 

 

-撮影日記
-,