tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

撮影日記

高ボッチ高原

2018/11/26

年に1度は高ボッチに行きたい病にかかって4年目。今年も行くことができました(^^)v

 

東京に単身赴任中なのでなかなか行けない高ボッチ。今年は無理かな・・なんて考えながら迎えた3連休。

帰省した富山の天気はイマイチながらも、11/24,25の高ボッチは良さそうな感じ。

GPVを見る限りでは11/24は寒い日。雲も多少ある感じ。11/25はスッキリした晴れの日。これはどちらか行きたい!

両日行けるほど近くないのでどちらかの選択になりますが、スッキリした日は撮影したことあるので11/24のGPVの日の方が良いかな?一か八かでもそんな日の方が記憶に残る日になるもんです(^^ゞ

ということで、11/23日の夜21:30分富山発。11/24AM1:00高ボッチ着。

スタッドレスに履き替えているものの、やっぱり平湯あたりが-1度くらいと凍結などが心配な温度でした。

到着してみると、車が沢山と待っています。さすが3連休中日。必然的に第二駐車場、山頂コース決定です。

とりあえず2:30まで仮眠して撮影開始!

山頂は既に三脚の場所取りで埋め尽くされており、山頂の右側柵の最後尾とが今回のポジションとなりました。

AM2:45頃。雲海の広がる景色。富士山は見えているけど、裾野は雲に隠れていて頭をちょっと出している感じ。

諏訪湖も雲海が覆っている。ちょっと理想とは違う感じ。やっぱり富士山が見えている方がいいですね。

辺りを見回して、カラマツの霧氷状態を観察。

AM3:00頃。 第一駐車場あたりはいい感じになってそう♪あれが朝に向けて広がると嬉しい。

その辺を望遠で。

刻一刻と変わる景色。5分後には奥の雲海ががあふれ出して来た感じ。滝雲みたいになるかと思いシャターを切ったけどそんな感じにはなりませんでした(笑)

3:05頃。滝雲風の一枚。

電波塔も雲の中へ。

AM3:30頃。諏訪湖が見え始めました♪あとは富士山の裾野まで見えれば・・・

横構図。これで富士山の裾野まで見えて、背景に焼けそうな雲があれば100点です。そんな4年前に見た景色を再度撮影したくて来ているようなものなんです。

2015/11/21撮影のこれを撮り直したい。その目的で毎年来てます(^^ゞ

ただ、最近は霧氷が好きになってきたので、高ボッチの目的が去年くらいから霧氷狙いであったりもします。

AM3:45頃。月明かりに照らされる霧氷は美しい。富士山が先っぽしか見えないから半分くらいの時間を後ろ向いて撮影してました。

そういう意味では、両方見渡しのいい山頂右側柵の最後尾は最高の場所かもしれません(笑)

AM4:05頃。あまり変わり映えしませんが、時間の経過と景色の変化の記録です。

AM4:50頃。雲海が広がってきました。

AM5:30頃。薄っすらとオレンジに色づきます。

AM5:45頃。八ヶ岳側も入れて。こっち方面を撮影しようとすると、たくさんのカメラマンも入るので、三脚を最大に伸ばして脚立を使って撮影してます。こんな時のために2メートルくらいまで伸びる三脚を使っているので、出番デスヨーって感じです(笑)

雲海と山が素敵。

AM6:15頃。街明かりも消えてきた。富士山が裾野まで見えないとバランスが悪いというかシックリこない景色が続きます。

そんな時はまた後ろを振り返る。そんな事をするカメラマンには今日はベストポジションです。

ちょうど月も沈む頃。空の色も素敵な色になってます。電波塔と穂高の被りっぷりが凄いな・・・

AM6:30頃。山々も朝日を浴びてきました。

AM6:35頃。

AM6:50頃。樹氷にも朝日が届きました。

AM6:50朝日を浴びて輝きます。

これで今日の撮影は終了。気温は-6度くらいの中5時間弱。明け方が一番冷えてたような感じですが装備をバッチリにしてたので大丈夫。

撮影した写真はというと、富士山の裾野が見えないからなんだか寂しい感じになってしまってます。また来年を楽しみに待ちつつここを訪れましょう。

人気スポットなので毎年人が増える感じですが、トラブルなどが起きない事、ルールを守らない人がいるため立入禁止とか三脚禁止とかにならない事を願います。

という事で、4年目の高ボッチ終了です。

 

 

-撮影日記
-, ,