tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

登山

冬用登山靴

道具から入る自分は、こうして散財していくのでした(笑)

冬の山に登ろうと思ったら必要なもの。冬用登山靴。通常の登山靴との大きな違いは保温材が入っているかどうか。

過去にも雪の積もっている山に行ったりしたけど、低い山なら長靴でもSORELでも行けるし、春の立山なら保温材の無いTICAMにアイゼンを付けて登ったりしてたので、冬用の登山靴って持ってなかったんです。

買おうかな・・と思っていた時に東京勤務を言い渡されたので買っても行けないから買わず仕舞いで今に至ります。

富山に戻ってきたので、これから雪の降るシーズンを前にやっぱり買っておかないと行動範囲が狭まるし後悔しそうなので、サイズ的な在庫もある今のうちに購入するしかない。。という事で行く場所も予定も全くありませんが道具先行で購入となりました。まあ、道具先行型はいつものことですね(笑)

冬用でも選んだメーカーはLOWAで、靴はALPINE EXPERTⅡ GT。グリーンのスエードが綺麗な登山靴です。

えっ、他のメーカーと迷わなかったかって?

TICAMの履き心地が良すぎたので、まったく迷いませんでした(笑)

 

登山靴はいろんな機能が組み込まれているからカッコイイと思えるのかもしれない。

しっかりと、「保温材入ってます」というマーク。

イワタニHPによると、「乾燥時と湿潤時に関わらず高い保温効果を維持するプリマロフト素材。他製品(自社)の約2倍量を使用した400g/1㎡の保温シートで、指先からかかとの足全面をカバー」とのこと。

実際はどんな感じだろう?自分の持っているSORELのアルファパックはHPにマイナス40度が使用限界って記載があったけど、マイナス10度くらいの中で写真撮っているだけでも冷えてくるからオーバーな表記だなぁと思ってました。この辺は履いてみて確かめるしかないですね。

冬用登山靴で断熱材の次の特徴は、前後のコバが付いていること。ここにワンタッチ式アイゼンを付けれる。

アイゼンも種類があるから合ったものを付けるようにしなければいけない。今持っているグリベルのアイゼンは、コバが無くても装着できるものなので、この靴にも問題なく付けれる。ただ、折角コバがあるからそのうちワンタッチ式アイゼンを購入するだろうと思います…自分の性格的にそんな感じになるだろうという予感。。

ソールはビブラムソール。VIBRAM®AlpTrac®Ice

シューレースループにはベアリングが内蔵されていて、靴紐を締め付ける時にスムーズに全体をバランスよく締め上げることができます。TICAMもこうだけど、これが気持ちいいんです。

Xレーシング。シューレースでタングを固定できる専用フックがあるので、理想的な位置で常に保持することが可能です。

サイズは、TICAMと同じUK9でバッチリ。

という事で、ようやく買った感じの冬用登山靴。履く前のメンテナンスからしておかないといけないですね。

革の保護、汚れ防止。履く前にまずはこの辺をしっかりとして長く愛用できるようにしておきたいと思います。

街中で雪が降ると生活リズムが狂うような事が多くてウンザリするんだけど、雪が降る楽しみを準備できたので山の方は楽しめる感じに雪は降ってほしいもの。

今年は、よい冬になる事を祈りましょう♪

-登山
-