tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

撮影日記

再び霧ヶ峰

2022/01/16

前回霧氷にならなかったのでリベンジに行ったけど、今回もダメでした。

バッチリ撮れてたら一枚目の写真は間違いなく霧氷にするから、違う時点でお察しされたどおりの結果。

大雪が過ぎたばかりで道路状況が気になるところなんだけど、放射冷却で朝方冷え込むのでダイヤモンドダストとか霧氷とかを期待して向かってみる事に。

安房峠経由はやっぱり危険な感じがするから今回も糸魚川経由。白馬辺りは前回と違って圧雪状態で気温もマイナス10℃前後。安全運転でいきましょう♪

霧ヶ峰も雪が降った後で前回より雪が多め。気温はマイナス12-15℃くらいで前回とあまり変わらない。

到着時間もあまり変わらないけど、路駐の車の数は前回より多く10台弱くらい既に待っている。

am3時過ぎ。月明かりに照らされる景色。霧氷になっていれば、これもまたいい感じの景色だったろうに・・

星も綺麗だったけど、朝に備えてまずは仮眠しましょう。

am6:00。霧氷にならないので、残念だけど、富士山の後ろあたりに雲がありいい感じ。

AM6:10頃。あまり変わらないけど、雲が焼けそうな感じになって来ました。

AM6:45頃。一番焼けた時間。理想としてる以前高ボッチから見た景色の空に似てる。高ボッチからこの感じの空と雲海が撮りたいと思っているので、富士山だけ狙って来てたら今日もいい日のような気がします。

手前の木々を少し明るくしてみた。ここが霧氷なら…

暫くは日の出待ち。

寒い中何やってんだろと思ったりしますが…

そんな中、カメラマンは沢山います(笑)

マイナス12℃の中だけどみんな我慢強い。

防寒対策はしっかりしてるんだろうけど、準備してないと耐えれないです。

空はスッキリした空、

AM7:10頃。日の出。霧氷無し、ダイヤモンドダスト無し。

木はこんな感じで雪も積もってる。

霧氷は欲しい。木々の雪は少し邪魔。地面は雪で白くあって欲しい。そんな日になる天気を希望。

白樺湖が霧氷になってるかもしれないし、少しでも早い時間から撮りたいので霧ヶ峰はここまで。

帰り道、富士見台より。

御嶽山も撮っておこう。ここも霧氷なら…

白い圧雪の下り坂。事故らないスピードで急ぎつつ白樺湖へ向かう。

到着してみると、霧氷にはなっているけど前回ほど白くない。1週間前にいい感じの霧氷を見ているだけに物足りなさを感じてしまう。

数枚撮って・・やっぱり終了。

さて、眠くなる前に帰りましょう。

帰り道は安房峠経由。松本方面から抜ける場合は、安房峠前~神岡までが白い道。でも除雪はしっかりしてあるし、基本的に下りだから登れず進めないという事はない。止まれないようなスピードを出さない事。車間距離を空ける事。路面状態をよく見て走れば大丈夫です。運転に自信の無い方にはお勧めしませんが・・。

という事で、昼過ぎに無事に自宅帰着。午後から予定があったので暫くしてまた富山市へ向かい予定も夕方無事終了。ようやくゆっくり休めます(笑)

それにしても霧氷・・1/1に行っておくべきだった。。霧氷になるかならないか・・悩ましいねぇ・・

富山に気嵐を撮りにくる県外の人もそんな感じかな??

天気をもう少しよく考えるところから再度検討ですね。。

時間も、お金もかかるし、危険も伴うからできるだけ確立を上げていかないと、一か八かばかりでは行ってられないので良く考えよう・・

-撮影日記
-,