tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

登山

土倉山からの眺め

2022/03/26

快晴の金曜日。仕事を休みにして土倉山に行ってきました。

3月も残りわずかというのに最近低山すら登ってない。少しは登っておかないと北陸勤務になった甲斐がないというものです。それに冬靴も買ったのに活躍してない・・・という事で、週末は天気がイマイチなのに前日の金曜は快晴。これは会社を休むしかないでしょ!

行きたい山は・・大倉山。と思ってたけど、となりの土倉山の方が登りやすいのかなぁ・・剱岳の眺めが良ければどっちでもいいんです(笑)

土倉山へのルートは尾根の取り付き点まで林道を進んで行って、あとは尾根を一直線に登る簡単なルートです。行ったこと無いので、簡単なのに越したことはないですね。

伊折が標高400mくらいで、土倉山は1,384mなので、1,000m弱の高低差。最近のテレワークで家から出ない日も多く運動不足の状態ですが、無事に行けるでしょうか??

伊折橋の横の道路脇にハンターカブを駐車。2週間前に来た時より、グッと雪解けが進んでる。あっという間に春だな~という感じです。

スタートは遅く、8時くらいになってしまった・・

林道の雪も朝の霜でまだ硬く歩きやすい感じです。ズボッと行くこともなくひたすら取り付きまで進む感じ。

左下の橋を渡り、もう少し進んでこの尾根を登る。

AM8:40頃。今日は誰も登っていないようだけど、トレースを見ながら進んでくると、取り付き点にたどり着いた。この斜面を登っていく。

急な部分にはトラロープが設置されてたので、助かった。最初の急な部分はロープが設置されていたので、下りも大変助かりました。設置頂いた方感謝!

登ってしばらく急こう配。雪も無い。

尾根を登っていくと雪が出てきた。しばらくツボ足で登って行ったけど、スノーシューの方が歩きやすいかな・・と思いスノーシューを装着。ヒールリフターが付いてる分登りやすい。

こんな尾根を登っていく。上り下りはほぼ無いので、一直線に登っていく感じです。

剱岳も見え始める。

標高が上がると、見える部分も段々多くなっていく。

ずっと眺めながら登れるのかと思ったけど、途中から山影に入って剱岳は隠れてしまう。。

まあ、剱岳見るなら山頂まで行かなくちゃと思わせる原動力になるからこれはこれで良いでしょう。

登るペースは・・・遅いこと遅いこと・・・

運動不足がたたり、標高1,000mくらいから太ももが攣る感じになってきたので、ダマシダマシ登る。最初は右モモ。かばってたら今度は左モモ。。

残り100mくらいのところで本格的に攣りだした・・・

多少休もうと思ってお昼休憩。剱岳を見ながら食べるはずのおにぎりやお菓子を食べて少し回復。

でようやく山頂へ!

1時手前でようやく山頂。人にあまり言えないスピード。。どんだけ遅いんだというレベルです(笑)

でも山頂は眺めも良く、広い雪原が待ってました。天気も良く最高の眺めです。

登山者は自分1人だけの貸切状態。

最高過ぎる。。

ここでテント張って泊まりたいもんです。天の川が見れるタイミングで天気がいい日。今年は無理だけど、来年とかそんなことができるタイミングが来ないかなぁ・・

もう少し奥まで行きたいんだけどなぁ。。足が痛すぎる。。。

毛勝三山もよく見える。天気も良いしずっとここに居たいんだけど、

不安材料は下りで自分の足が攣る状態がどうなるかと、親子っぽい熊の足跡。。

熊も冬眠から目覚める時期ですね。そんなにのに会いたくないから早めに下りましょう。

下りながら、あれが大倉山かぁ。とか眺めながら下る。

下りの最初の方で3回くらい滑った。。自分のスノーシューは登るのは良いけど、下りは向いてない。

MSRのカタログからも消えているけど、LIGHTNINGとEVOの間に、REVOシリーズがあった。

登りは爪が刺さり問題なく登れるけど、下りで踵側に体重が乗ると歯が無いからズリッと滑るんです・・

足も痛いし踏ん張れない。

雪質によっては全く問題ない場合もあるんだけど、この時期の午後のシャーベット状の雪では滑る滑る。

コツをつかめば下りもなんとかなるけど、やっぱりLIGTNINGにしとけば良かったかな。。でも高いんだよね。。

足も痛かったし、行きと変わり映えしないから、あまり写真も撮らず無事ハンターカブまで帰還。

結局16時前くらいに到着。もう足はガクガクです。

今回は久しぶりの山登りでしたが、かなり体力不足を痛感した感じです。。ちょっと走ったりした方がいい気持ちになりました。あと後悔したのがかなり日焼けしたこと。日焼け止め持ってくの忘れてた。。これも必須ですね。

4月になれば立山も開通するので、ようやく立山に行けます。それまでに体力不足を補えるように運動しておきましょう。

それにしても体が痛い。今年の筋肉痛第一弾でした。

-登山
-,