tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

登山

春の立山キャンプ

2022/04/19

立山黒部アルペンルートが開通したので早速キャンプにいってきました♪

アルペンルートが15日に開通しました。天気が良くて仕事の都合がつけば15日に入山したかったけど、あいにくの天気で、土曜の朝方まではイマイチの空模様。

週末になると、雪面は多くのスキー、スノボの滑走跡だらけになってしまうのでその前に写真を撮りたいという思いが強かったけど、この天気なら土曜の午後くらいに行ければいいかな??という感じになった。

あと、立山駅まではハンターカブで行ってみたい。

そういう計画だったので、雨の降っている午前中は様子を見ながらという感じで、10時30分頃出発。12時前には立山駅に到着。

家出仕様のハンターカブ。運転するとリア側が重くなるのでバランスが悪い感じではあるけど問題なく到着。

今年はこんなスタイルでウロウロしながら楽しみたいと思います。

チケットを買うと10分後くらいに出発する12:00便に乗れるみたい。こんなに乗り継ぎの良いのは最高だね!と思って改札を通ってからカメラをバイクに置いたままだったことに気づく・・・

ケーブルカーに乗る前に気づいて良かったが、カメラを取りに戻ったので結局12:40分の便になってしまった。。

まあ、今日はテント設営だけなのでいいか・・

という感じで無事に立山到着♪

春の立山キャンプは4年前にやって以来で、東京に行ってからやりたかった事が足止め状態。久しぶりの立山はどんな景色を撮れるでしょう??

とりあえずは、人の足跡の少なそうな場所を選んで撮影。

大日方面の景色。縦構図の方が面白いかな。。

雪の模様が強調された感じになりました。
みくりが池は雪の中。雪解けの時の景色は取りに来たいので、今年も県民割引お願いします!
雷鳥も見れました♪

雷鳥の周りにはカメラマンが沢山いるからわかりやすい。

雷鳥沢キャンプ場が見える場所へ。まあまあテントが多い。みんな寒さに強い人ばかりです(笑)

まずはキャンプ場へ行ってテントを設営しましょう♪

雪を掘って壁を作りその中にテントを張る。無事に完成。富山県民なので雪かきは慣れっこです。

テントを張り終え、この後の行動を迷う。雪の大谷に行くかなぁとか思ってたけど、のんびりしたい気持ちが強くなり中止。

結局テントでボケーとしてました。

夕方。立山は夕陽に照らされ色づく。

あとで知ったが雲海の広がる景色だったみたい…眺めのいい場所まで行っておけば良かったと反省…

あとはご飯を食べて月を待つ。

今回は月明かりで天の川は無理なタイミング。とりあえず月撮っておきましょう。
翌日インスタ見てたらみんなピンクムーンとか書いてる…
ピンクムーンというのか・・・そうとは知らず…もう少ししっかり撮るんだった。

やる事も無く、とりあえず早朝にむけて日の出時間を確認。。。5:15?最近意識して見てなかったけど、こんなに早いん??

という事は、剱御前小屋まで2時間くらいかかるとして、2時間前は、3時15分。日の出前のドラマチックな感じの空を期待するならさらに30分は前に出るイメージなので、2時30分頃を出発という感じ。

朝に備えてさっさと寝ましょう。

朝は無事に起床し予定通り出発。月明かりで明るいから歩きやすい。先行する方も2組くらいいる。

剱御前小屋まではみんなが歩いた跡もあるし直登だけど登り易い。予定より早く着きそうな感じだけど登るにつれて雲の中&風が強くなってきた。

そして予定より早く着いた剱御前小屋前は爆風。みんな建物の影に身を潜め景色が変わるのを待っている。またトイレ前で待機だ。去年の夏もトイレ前で2時間くらい日の出を待った記憶がある。またそんな感じだ。

日の出時刻が過ぎてくが景色変わらず。剱岳は見えません。

ようやく景色が見えてきたけど、剱岳は雲の中。

景色はこんな感じ。
剱岳を待つ。早く出てきて下さい。
ようやく剱岳出現♪

寒さと爆風に耐えて待ったかいがありました♪

さて、今回は剱御前方面に行きましょう。

剱御前。

今回はもう少し前方へ行ってみる。雪があるから何処まででも行ける気になる。

だんだん剱岳がよく見えてきた。

爆風は相変わらず。ポロッと落としたサングラスが滑り落ち、見えないところまで行ってしまった。

雪があるから行ける場所。普通なら登山道じゃない場所は高山植物保護の観点からも入れないけど、今なら何処からでもいい。

ここがホントは剱御前?夏に登ってるときは剱御前小屋から登った所だと思ってたんだけど。今更ながらよくわからず(笑)

みんな別山方面に行くからこっちは数人ダケのほぼ貸し切り状態。最高すぎる。

いつまでも見ていたい景色だけど、早朝の爆風時に氷の粒が目に当たり痛みがあるのと、快晴の空の下でサングラスが無いしまだ風も強いから目が心配な感じなので、早めに下山しましょう。

下山中の雄山方面。

大日岳方面。

景色は何処を撮っても最高です。

満足したのであまり下山中は写真も撮らずテント撤収して無事帰宅。

キャンプ場からの登りはヤッパリ辛く、疲れたので雪の大谷は行かずでした…

久しぶりの立山キャンプ。良い景色が見れたし最高でした。あとはやっぱり日の出前のドラマチックな景色を撮りたい。なかなか撮らせてくれませんね。

今度来たときにはよろしくお願いします!

-登山
-, , ,