tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

撮影日記

冬の快晴の日

2020/01/05

今年は暖冬で雪が全然降ってません。だからと言って、「暖冬」=「晴れ」ではないんです。

北陸の冬の空はどんよりとした雲に覆われた日が多い。当然ながらそんな日は立山も見えない日となってしまうので快晴の日はとても貴重。なので休日が快晴の予報の日は何処に行こうか迷います。

ただ、自分の場合は朝日は剱岳と絡んでほしいので、この時期は氷見の虻が島あたりで撮影することが多く、帰省したばかりですが迷わず虻が島へ行ってきました。

AM6:30頃。家からは1時間くらいかかってしまうんですが、この時期は朝日が昇るのが遅いから楽勝です(笑)対岸にはまだ街灯などの街明かりがチラホラしています。

雲がまったくないかといえば、頭上には雲が広がっています。今日の天気予報は晴れ後曇り。この雲がどんな風になるかがちょっと楽しみです。

AM6:40頃。水平線辺りが赤く染まって、雲もちょっぴり色づいた感じ。

AM6:45頃。上空の雲はというと・・ノッペリとした色のまま・・・

それほど高度の無い雲のようで、立山に光が遮られて色づかないんでしょう。

AM6:50頃。全体像はこんな感じ。剱岳あたりがだんだん明るくなってきました。

AM7:15頃。ちょっとだけ色づいた。

AM7:25頃。日の出。日の出が遅いな・・なんて思いながらスマホを触っていたらいつも間にか日が昇ってたので慌ててシャッターを切る(^^ゞ

ちょうど釣り船が通っていきました。

もう撤収してもいい感じですが、太陽が剱岳の真上に来るまで待ちましょう。

AM7:40頃。目的達成(笑)

ということで、久しぶりの富山の朝活は終了。帰省したばかりでしたが、良い朝になりました。

日中は天気が持ってくれたので、昼から千石城山へ。

いつもなら雪が降ってて車では行けない時期なんですが今年は問題なく車で行けます。

低い山々には全然雪が無い。これはこれで大丈夫なんだろうか??と思う。

このサイズじゃわかりにくいけど、早月小屋から伸びる登山者の歩いた跡が見えます。冬の剱岳は危険だらけそうですね・・ 年末年始に剱岳登山で雪庇を踏み抜いた滑落事故もありました。 自分は行かないので行かれる方は気を付けて楽しんできてください。

ということで、2019年の撮りおさめは剱岳となりました。

2019年は仕事がかなり激しい状態で時間が全然撮れず、後半はほぼ撮影していないため振り返りは無しにしました。

2020年はもう少し趣味の時間が撮れるように調整していきたいものです。

ブログを見ていただいた方々も1年間ありがとうございました。また来年度もよろしくお願いいたします。

-撮影日記
-,