tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

登山

金剛堂山

2021/07/25

北陸復活の筋肉痛第一弾は金剛堂山へ。

引っ越しも無事に終わり、ようやく自由な週末。行きたい山は沢山あるんだけど、まずは自分の体力がどんなもんか??試してみないと分からない。

でも最初からテント担いで長い距離は行けないので、低山に絞って候補を考えていると金剛堂山なんてどうだろう?と思えてきた。いつもなら白木峰にニッコウキスゲを見にいくような時期だし、金剛堂山もニッコウキスゲでも咲いてないかな?なんていうのが興味がわいたところです。

コース的には栃谷登山口(778m)から一番高い中金剛(1,650m)までの往復で約10km。

そんな長い距離を歩けるの?というのが不安要素だけど、天気も良いし、荷物も軽ければ行けるっしょ♪

という事で、荷物も軽装にしてカメラはZ6Ⅱに24-70mmだけ。あとは、水2ℓくらいと雨具と食料くらい。これだけでしたが、翌日から酷い筋肉痛に襲われました(笑)

今回はドラマチックな山の景色の写真は無し。

自分がどれくらいの時間で登山したかの記録メインです。。悪しからず。。

AM7:00頃 登山口。既に多くの車が停まってて出発済みの方が多い。

同じく7時頃。この橋を渡ってスタートです。

AM7:30頃。1km地点。人気の山なだけあって登山道は整備されています。難点は、時折体の周りを低い羽ばたき音で飛び回るスズメバチ。。こいつが居るからのんびり休憩という感じにならない。。

AM8:00頃。2Km地点。約30分で1Kmのペース。スタートからジグザクの登りが続き、標高を上げていきます。

片折岳通過。

AM8:30頃。3Km地点通過。ここまでは展望なし。だんだんと足も重くなってきたけど、休んだりのんびりしようと思うとスズメバチが飛び回るのでゆっくりと休めません。。

AM9:00頃。ようやく開けてきた。遠くに剱岳も見えてる。前日から梅雨明けの山に登る人達のインスタを眺めてたけど、みんなあっちの方で楽しんでるのかな?早くテント持って立山に行きたいもんです。

反対には白山も見えてくる。白山もドーンと構えててカッコいい。

AM9:15頃。4Km地点通過。標識は骨折中。

AM:9:35頃。無事に金剛堂山に到着。結果登りは約2時間半。1時間2kmくらいのスピードでした。

元々、そんなに早く上り下りできないので、これ位のスピードだと思うんだけど、残る元気は少なくなってます。

元気なら奥金剛まで往復したいけど、帰りにもう一度登ると思うと、やっぱり中金剛までにします。

快晴の空の下。景色も綺麗。

立山は流石に距離があるから遠いなぁ。

金剛堂山は、この前金剛に三角点がある。ただここは1637なので、最高点は中金剛の1650。もう少し進んで一番高い所に行ってみましょう。

前金剛と中金剛の間は高原が広がり、白木峰のよう。違いはニッコウキスゲが咲いてないこと。

一番高い所が中金剛。今日はあそこまで行きます。

草原の中には池塘が1ヶ所あった。花は見えないなぁ…

山頂はこの看板があるだけで、展望広場的なものはなし。でもこの辺からの眺めも最高です♪

奥金剛への眺めは草原が続きいい感じ。今日は体力の限界なんで何時か行くことにしましょう。

槍、穂高方面。少し雲が多くなってきました。

中金剛から見る前金剛。花はあまり見ない。

家に帰ってからネットを見てみると、中金剛から後金剛の間にニッコウキスゲが咲いてるみたい。まぁ分かっていても行かなかったけどね(笑)

さて帰りましょう!

AM11:15頃。4km地点。

AM11:45頃。3km地点。

AM11:55頃。片折岳通過。

PM12:15頃。2km地点。

PM12:35頃。疲れたので休憩。。

PM13:00頃。1km地点。

PM13:30頃。ようやくゴール。

ヘトヘトになった。下りは結構足にきた(笑)

走るように下る方も居るけどどうやってあんなに早く歩けるの?って感じです。

あと問題は、この時点では、24-25日で燕岳のテント泊で予約してあって、というかテント場しか空いてなかったからテント予定にしたんだけど、テント担いで登れる自信ゼロになりました(笑)

燕山荘泊じゃないと無理。。妻も一緒の予定だから一人分より多く持たないといけないのが辛い所なんです。

キャンセルが出る事を祈りましょう!

とりあえず、無事に下山したものの帰りに寄るコンビニを歩くのも足が痛む。翌日の筋肉痛も酷いものだった。もう少し鍛えてないと楽しめものも楽しめない。頑張って足腰を鍛えましょう!

-登山
-,