tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

登山

燕岳

2021/07/31

今年の筋肉痛第2弾は燕岳登山です。

北陸に帰ったら行こうと決めていた燕岳。早速実行です♪

18日に行った金剛堂山の筋肉痛はすっかり復活し、当初24-25日のテント泊しか予約出来なかった予定も、23-24日の燕山荘泊へ予定を修正できました。キャンセルしてくれた人サンキュー!

ちょうど4連休のまん中2日になったので行動しやすくなりました。

心配なのは車が停めれるかどうか・・既に連休に入っているから直ぐに満車になりそうなので夜中に到着して仮眠してから出発するプランとして計画します。

中房温泉付近に到着はam1:30頃。第三駐車場へ案内される。

第三駐車場もあと数台しか停めれないので、もう少し遅ければ穂高駅辺りに駐車してバスかタクシーになってた・・この辺に停めれないと下山後の温泉グッズも持ち歩く事になるし、それは避けたいところでした。

AM6:00頃。第3駐車場スタート。ここから900mくらい歩いて登山口へ。

燕岳までは、登山口1,462mから山頂は2,763mの1,300m。自分は先日予行演習的に金剛堂山に行ったので、なんとかなるだろと思ってたけど、問題はそんなに距離を歩いた事の無い妻。コロナで何処も行けないから山に付き合ってくれてます。

とりあえず、疲れないように&ケガしないようにと、ゆっくりゆっくり登ります。

入山届を記載して提出してスタートです。

AM7:10頃。第一ベンチ。こんな感じでベンチが設置してある。

AM7:50頃。標識が続きます。第二ベンチ休憩&通過。

森林の中を歩く

AM8:40第三ベンチ休憩&通過。

AM9:30頃。富士見ベンチ。富士山は全く見えない日。

AM10:10頃。スイカの有名な合戦小屋。もちろんスイカ食べました。

合戦小屋を過ぎてしばらくすると、ガスの中からようやく燕山荘が見えてきました。

近づくにつれて晴れてきた感じ♪

ガスガスで遠くの景色は見えない中、斜面にはコバイケソウが咲き乱れてます。

燕山荘までもう一息。

PM12:40頃。燕山荘到着。

燕岳はガスで見えないし、これから雨の予報なのでケーキセットを注文してまったりタイム。

その後も雨が降りだしたので夕食までお昼寝タイムでした。

昼寝後の夕食時間。ちょうど雨も止み燕岳も見えてきた♪

諦めていた夕日もなんとかなるかもという感じになってきました。

夕食時間。偶然にも燕岳が見える特等席。料理もボリューム満点です。

食事を済ませ外に出ると、到着時に見えなかった景色が広がってました。

槍ヶ岳もバッチリ。

槍ヶ岳までの縦走路、表銀座。ここを何時か歩いてみたいものです。

夕日もバッチリ。なだらかに山々が続いているので、名前の不明な??山の辺りに太陽が沈んでいきました。

コマクサもめちゃくちゃ咲いてる。

夕日に照らされた入道雲。

燕山荘とテント場&燕岳。夕方の部はこんな感じで終了。

燕山荘の消灯は8時頃って事なんで一旦仮眠。夜中に起きて撮影しようと思ってたら12時前にバッチリ目が覚めた♪

深夜の山々も月明かりでくっきり見えてます。残念なのは天の川と月が被ってる事。天の川なんて写るはずもない。

これも月明かりの夜中の景色。雲も無いから少し物足りない感じ。

また日の出前に起きる事にして仮眠。またバッチリ3時45分くらいに目が覚めた♪

月が沈む

ビーナスベルト

久しぶりに雲海からの日の出を見た。

まぁこんな感じに撮った人も少ないだろうというパノラマ

雲海と朝日

有名なイルカ岩

燕岳山頂

山頂からの景色。立山方面。この後ガスに包まれて見えなくなってしまいました。。

メガネ岩

この後は、ゆっくりゆっくり下山しました。

ベンチ毎の写真はありますが、長くなったので省略。

初めての燕岳でしたが、妻もなんとか無事に行けたのがなによりです。

翌日からは二人揃って筋肉痛になり数日は痛がりながら過ごしてました(笑)

今度行くときは表銀座縦走してみたいもんです。

-登山
-, ,