tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

撮影日記

散居村

秋の散居村を撮りに行ってきました。

散居村の風景って、やっぱりGWの夕景が有名で、水を張った水田と夕陽が作る景色は多くのカメラマンに撮影される景色になってる。そんな散居村もその時期を過ぎればカメラマンが所狭しと並んで撮影する事なんて皆無。

ただ、散居村の看板にも四季の写真が掲載されているように、それぞれの季節で変化するのでそりゃあ揃えとかなきゃいけないでしょ!ということで、秋は撮ったこと無かったな・・と思いながら散居村へ行ってみました。

稲刈りの時期は品種によってマチマチで、既に稲刈りが始まっている田んぼもあったり、コシヒカリなどの遅めの稲は色づきがもう少しの感じもする。なので、一面同じ色の田んぼの景色ではなく、パッチワーク的な色合いの景色になる。タイミングがもう少し遅いと稲刈り済みの色が増えたり実った色が増えたりすだろうから日々変化する景色という感じです。

そんな景色なので、9/5はこんな感じでした。という事で見て下さい。

まずはまたOtus55mm。ちょっと遠いかな。。

Sigma85mm。

最後は70-200mm

散居村の景色って、本来は水田の中にポツリポツリと屋敷林に囲まれた家が点在する景色なので、そんな感じになってそうな部分を切り取る感じにしたい。ただ、いろんな建物が建っているからそんなに理想的な切り取りも難しい感じです。

水田を継いでいく方々も色々な問題もあるだろうから、いつまでも同じ景色ではない。年が経つごとに景色が変わっていくので、21年はこんな景色だったという事で全体像も載せておきましょう。

雲があるから影になっている部分もありますが、全体はこんな感じです。

散居村の次は、高瀬神社。新聞に風車の写真が載ってたから早速行ってみるというミーハーぶりです(笑)

風鈴の写真みたいな感じの風車版ですね。

設置位置も高めなのでいろんな感じはちょっと難しめの印象です。

なので、妻に協力を仰いでみました。。

あとは、城端の街へ。

前を通るばかりで、行ってなかった善徳寺

加工は強めにしてます。。

雲を強調したいと思ったらこんな加工になった。。

見知らぬ方の後姿入り。。

今週末の写活はこれで終わり。

最近の週末はなかなか朝起きれない。。

ライブカメラでは眺めているから●●さんの車止まってるな。。とか思ったりする(笑)

まあ、天気予報がイマイチ思ったような感じじゃないのが起きるのに気合が入らない要因だったりするので、写真を撮りたい気持ちが薄れたとかそんな感じじゃないんだけど、ほんと撮れてない日が続いている感じです。

Wowと思えるような景色を見れると少しはエンジンがかかるような気もするので、頑張って起きるようにしましょう!

-撮影日記
-