tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

撮影日記

立山黒部アルペンルート

2022/10/18

紅葉には少し早いけど県民割が延長になってたのでアルペンルートへ

室堂までは何度も行っている。でもその先は行ってない。

妻も富山に来て10年以上になるけど行ったことない。と言ったりする。

黒部ダムはアルペンルートで行ったことは無いんだけど、大学生の時に何度も行った場所。

これはとても貴重な経験で、行ったルートは2つあり、1つはトロッコ電車で欅平の先に行く関西電力ルートで行ったもの。もう少しで観光に開放されるようだけど、遠い記憶では欅平到着後200mくらいエスカレータで上がりその先にトロッコ電車で走る。トンネルは掘ったというか削った跡が生々しく残るもので狭いトンネルを進む。その先にインクラインというトンネル内を進むケーブルカーみたいな乗り物に乗ってトンネル内の駅に到着。その後トンネル内をバスだったかな?で到着。もう1つは大町からだけど、雪が積もる中車で扇沢近辺に行きその後、雪上車に乗ってトンネル入り口まで行く。その後はトンネル内に停めている工事用バンに乗って黒四ダムへ。

何をしてたかっていうと、配管工事のアルバイトで観光シーズンの終った冬の黒四ダムの浄化槽の工事。1週間大町で泊まりこみでのバイトだったので給料も良かった(笑)雪が酷く、雪上車も走れないからトンネル内で泊まりとか、関西電力の施設に泊りとかもしたような思いで深いバイトでした。

今ならもっと写真や記録に撮っておくべきだったと思うけど、その頃は全く興味がなく勿体ないことをしたもんだと思う。

そんな思い出のある黒四に四半世紀以上ぶりに行く。今回は山の写真というよりもアルペンルートに行ってみるという目的となります。

8:20のケーブルに乗るために7時過ぎには立山駅の駐車場に行ったけど、流石の快晴の日曜日。どこも満車で遠くの臨時駐車場でギリギリ駐車できました。

とりあえず、無事に室堂到着。

一旦外にでて紅葉の立山の景色を写真に収めます。帰路まで天気が変わるかもしれないので、撮れるときに撮っておくのが基本ですね。

室堂の紅葉はベストタイミング。

これ位じゃ見えないけど、一ノ越から山頂に向かって沢山の方が登ってます。

山に登りたい気持ちを抑えつつ、トロリーバスへのり大観峰へ。

ここは初めての場所。黒部湖も見える眺めのいい場所。紅葉には少し早い。これはしょうがない。。

チケットを買う日程を3連休も選べたけど、天気が不明だしこの日になってます。。

向かいには針ノ木岳も見える。今年行っておきたかった山。結局行けなかった。来年こそ行きましょう!
ロープウェイに乗り先に進む。すれ違い時に隣のケーブルカーを撮る。ロープウェイ内の場所取りも重要です。

その後はケーブルカーに乗り黒四ダムへ。

工事したのはレストハウスの浄化槽だったかな??遠い記憶を蘇らせながらだけど、それほど覚えてないものです(^^ゞ

眺めのいい場所へ階段を登り記念に写真を撮る。それほど変わった写真を撮れるわけでは無いのが悲しいところ。

帰りもロープウェイを撮る。この背景が紅葉ならさぞ綺麗だろう。

ポスターに使われている写真は、紅葉してて山には雪が薄っすらと積もっている晴れた日。流石いい日を選んでるな~と思ってしまう。

そんな日を選んでこれるようになるには退職して自由の身になった頃かな??まだまだ先ですね(笑)

帰路は再度室堂で降りてみくりが池まで。

水面はフラットにならなかったけど、朝ならフラットだったのかな?今回は目的が違うので良しとしましょう。

帰りのバスは凄い人だった。順番は室堂ターミナルの2回階段まで続いている。1時間以上の待ち(*_*;

覚悟はしていたもののやっぱり並ぶのは辛い。

テント泊して帰る場合はもっと早い時間に帰るからこんな渋滞にはまった事無かった。

でも、コロナで観光客が少なくなっている昨今。こんな快晴の日くらい観光地はこうであってほしいですね。誰も来なくなったりしたら山にくるのも不便になってしまいますからね。。

ということで、初めてのアルペンルートでしたが、次回ロープウェイ乗るなら紅葉のいい時期の平日会社を休んでいきましょう。その時にはまた割引施策を実施してもらいたいものです。

-撮影日記
-