tamugon_blog

北陸を中心としたカメラ撮影日記をお届けします。

撮影日記

雨晴海岸

行き先をさんざん迷った挙句、雨晴海岸へ

今回もいつもの後悔から始まりますが、最近気になる撮影スポットといえば高ボッチ。いい時期になってきてるし、雲海が発生し富士山が見える素晴らしい景色を撮れる条件のいい日が数日あり、いい感じの写真がSNSにアップされていたりする。

毎朝ライブカメラを眺めつつ、羨ましいな・・・と思って、今週末は高ボッチに行こう♪そう思ってました。

GPVを眺めると、曇りから晴れにだんだん回復してくる空。夕方にライブカメラを見ても富士山は見えない。以前もこんな日があったな・・天気は回復の予報だったけど、一晩中雲の中で富士山は見えずという日。

希望としては、せっかく行くのなら富士山が見えない日は霧氷になるくらい寒くあってほしい。それなら霧氷or富士山が撮れる。ただ日曜朝は、まだそれほど寒くないかもしれないので、霧氷には少し早いかな??

そんな事を悩みながら数時間ごとにGPVを見て悩む。最後は、関東沖の雨雲で朝日が遮られるので朝焼けが無さそうと判断して今回は見送り。北陸の天気が良さそうなので雨晴海岸でも行くことにした。

朝、高ボッチライブカメラ見たら良い景色が広がっている。。涙。

高ボッチくらい行ってみないと分からない場所も無い。。やっぱり行けば良かったな。。

まあいつもの後悔です。

ということで、おそらく1年ぶりの雨晴海岸。気嵐を期待しつつ向かいます。

ダイヤモンド剱岳にもなる感じなため、県外からも多くのカメラマンが来る時期で駐車場はいっぱい。ここでもハンターカブが役立ちます♪後方の海岸脇まで入ってきて、バイクの横で撮影可能なんです。

AM6:00頃。今回の場所は最後部くらい後ろ。女岩と剱岳が重なる場所からの撮影となります。

70-200mmにテレコンを付けて、140-400mmに変身。今回は望遠での撮影のみ。

AM6:25頃。気嵐なし。雲も無し。カメラマン多数。再現性のある写真になる日。

そろそろ日の出の時間が近づく。

AM6:40頃。日の出。

絞っているけど、テレコン付けているからか綺麗な14本の光にならない

全体像はこんな感じ。
女岩アップ。
という感じで久しぶりの雨晴海岸撮影を終了しました。こうみると、ちょっと気嵐出てますね。

雨晴海岸での撮影なら、ダイヤモンド剱岳も良いけど、雲があって空が焼けてとか気嵐が出ている日とか動きのある日が良いかな??何処でも同じですが、いつ行っても同じ写真になる日だと面白味が欠けますね。

そんな事ばかり考えてしまい行く日を選びすぎるので、高ボッチに行けたのに行かなかったというような日を作ってしまう。そんな事を反省しながら次回のタイミングを狙いましょう。

雨晴からの帰り道。杉の木にからの光芒が綺麗だったので途中でもう一回写真タイムです。

ゴースト、フレアで思ったような、光がシャーッと差し込む感じにならない

今度これだけ撮りにもう一回行ってこようと思います(^^ゞ

-撮影日記
-, ,